ジュースよりスムージーの方がキレイになれるって本当?

美容や健康のために、野菜ジュースやフルーツジュースを、朝作って飲んでいる、という方も多いのではないでしょうか。

そして最近よく見かける、「スムージー」という飲み物。

これらもジュースと同じようにフルーツや野菜を使うようですが、

具体的にどこが違うか、何が違うかご存知ですか?

フルーツや野菜をジューサーにかけて作るジュースは、繊維を取り除いて水分だけを抽出したもの。

とは言っても、水溶性の食物繊維は残っていて、腸の中まで水分を連れて行って毒素を排出してくれます。

ジュースは飲んですぐに胃腸に吸収され、また繊維が大きくないので胃腸にも優しいのが嬉しいところです。

フルーツをそのまま食べるより、ジュースにした方が栄養素も多く摂れるため、乳幼児やご高齢の方にはおススメです。

一方、スムージーはフルーツや野菜を繊維ごとミキサーで砕いてドロドロ状の飲料にしたもの。

スムージーと一口に言っても、今はいろいろな種類がありますが、共通して言えるのは満腹感が得られる、ということでしょう。

栄養価も高いため、食べ盛りのお子様やダイエットしたい人には最適です。

食物繊維が多いため、便通も良くなります。

そしてフルーツや野菜の持つ成分で、「美肌効果」や「ニキビ」、「むくみ」などに効果があると言われています。

スムージーには大きく分けて、四種類あります。

使う材料も同じようなものが多いですが、それぞれ効果的なフルーツや野菜を

組み合わせることで、ダイエットや美を保つためのサポートにおススメです。

ここをチェック<http://magnifique-leblog.com/